【基材】結局コンポストトイレの基材って何がいいの?

どうも、モーリーです。

コンポストトイレの基材、何を使えばいいですか?

という質問をよく受けます。

僕の考えをまとめたいと思います。

 

①おがくず

まず、おがくずはあまりオススメしておりません。

おがくずは微生物を蓄えておらず、「分解力」はないと考えるからです。

しかし微生物の住処としては優秀だと考えますので何か微生物資材とおがくずをブレンドして基材とする、というのはアリです。

EM入門セット

EM入門セット

1,380円(12/04 19:22時点)
Amazonの情報を掲載しています

②腐葉土

僕が一番お勧めするのは腐葉土です。

微生物を豊富に含み、しかもホームセンターで300円ほどで売られています。

手に入りやすさ◎、そして価格が安い。

僕自身ずっと愛用しています。

ただ、最近僕の中でその地位がちょっと揺らいでいます。

なぜかと言うと、うんこの水分を吸着して乾いた時にカチコチになってしまうから。

このカチコチの状態ではもう一度トイレの基材に使うことが難しいので畑に撒くほかありません。

僕はコンポスト複数台体制で回しているので、何度も基材として使いたいんですよね。

でも再度使おうと思ったらカチコチの塊が攪拌の邪魔をしてくる…。

この用途には腐葉土は向いてないかもな、と思うようになりました。

※複数台体制でなければ腐葉土バッチリ最高です

 

③アースラブ

「自然にカエル」製品に標準で付属している微生物資材が「エコパワーチップ」と呼ばれるもの。

エコパワーチップ8リットル×2袋

エコパワーチップ8リットル×2袋

5,280円(12/04 19:22時点)
Amazonの情報を掲載しています

いいお値段がするので僕はあまり人にお勧めしてこなかったですし自分でも使うことはほとんどありませんでした。

しかし、一回生ゴミ分解用に使ってみたんですよ。そうしたら本当に生ゴミが跡形もなく消えてしまいました。

これはやっぱりすごいのではないか…!?

そうして今僕のコンポストトイレにはこのエコパワーチップを使用しています。

日々分解されているようで、匂いもなく、順調です。

これがいっぱいになってしばらく放置したときに、カチコチになるのかどうなのか、とても楽しみです。

おそらく生ゴミのときのように綺麗さっぱりなくなるのでは…と期待しています。

それから、このエコパワーチップの中身は「アースラブ」をもとにしている、とメーカーさんに聞きました。

アースラブのサイトを見ると30Lで6600円で販売されていました。

エコパワーチップよりは割安かな、、、と思ってさきほど注文してみました。

https://whataparadise.cart.fc2.com/ca26/94/

かなり期待できると思います。

また結果はこのサイトのブログで報告したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。