《webサイトリニューアル中につき、お見苦しくてすみません!》

座りながら攪拌できる。大小分離式コンポストトイレ

コンポストトイレRELIFEはとてもシンプルな構造で、電気も水も使用しません。全てが一体型となっているので持ち運びすることもできますし、設置には特別な工事が不要です。
便は微生物の働きによって分解され、有機肥料となります。大便と小便が別れる構造をとっていて、それにより嫌な匂いを抑え、発酵不良を防ぎます。

また、内容物の攪拌にはラチェット式ハンドルを採用しています。座ったままの状態で攪拌ができるのでとってもらくちんです。

RELIFEってどんなトイレ?

ギャラリー

RELIFEはDIYで簡単に作れます!

RELIFEはDIY推奨!部品を使って素敵なトイレを作ってくださいね。
完成したトイレはぜひSNSでシェアしてください。

DIY作例

単品での部品売りもしています!

攪拌コンポストなし、大小セパレーターのみで制作されたトイレ

これは僕も「まじっすか!」と目から鱗だったのですが、大小さえ分離できたら快適なコンポストトイレは作れるようです。

こちらの「うまや七福」さんのトイレは大小を分けて、大便の後にはおがくずを上から被せる方式だそうです。

ツールボックスに溜まった大便は別の場所で発酵させて肥料に。なるほど、これでいいのか!

RELIFEはこんな人々に使われているよ!

これまで数多くのご注文をいただきました。一番多かった用途は農家さんが畑用のトイレとして使用するというもの。その次が、自宅用・別荘用です。特に、汲み取り式トイレが使用できない(改装したい)といった場合にコンポストトイレが選ばれているようです。

また、問い合わせが多いのが介護用と災害用。災害用RELIFEは昨年開発しました。介護用はこれから研究開発する予定です。今のRELIFEのままでも介護用にご使用可能ですが、腕の力がないという方のために全自動モデルを開発したいと思っています。

それから、もっと多くの人に知ってほしいのが「コンポストトイレで営業許可が取れる」ということ。ゲストハウスやカフェなどを新規開業する場合、その施設の規模に応じてトイレの必要数が変わってきます。その際にコンポストトイレで「数合わせ」することが可能です。

参考 

【民泊/ゲストハウス】トイレが足りなくて開業できない!そんな時コンポストトイレがおすすめ。工事不要で楽々設置可能!